子どもの話をじっくり聴くことで子供に起こる嬉しい変化とは?

コラム

こんにちは、久保歩美です。

『子どもの話はじっくり聞いてあげた方が良い』

このようなことをお聞きになったこと
ありますか?

以前わたしが、
このようなことを聞いたとき、

じっくり聞くといっても、
どうやってじっくり聞いたらいいのかな。

それに、

家事で忙しかったり、他の用事をしている時なんかは、
じっくり聞くことはできないしなぁ。

つい、
今は忙しいからまた後でねとか、
軽い返事をしてしまったこともあったりして、

そうはいっても、
難しいことだよねと思っていたのですが、

ある講座で人の話を心から聴くことについて
教えていただくことになりました。

もしかしたら、
この教えを知っていただくことで、
子どもの話をじっくり聴くことが出来るようになる
ヒントをつかんでもらえるかもしれない、

さらに、
子どもの話をじっくり聞くことが出来たのなら、
嬉しい効果も起こるかもしれない。

というお話をしたいと思います。

よろしければお付き合いください。

自分の事や学校の事をあまり話さない

小学校一年生のうちの息子は、
自分の話や学校のことなど
気が向くと話してくるくらいで、
あまり話してくれませんでした。

男の子だしこんな感じなのかな・・・

そうは言っても息子の事が気になります。

お友達出来たのかな?休み時間は誰と遊んでいるの?
授業は楽しい?
息子
分からない。普通。
子どもの話は、じっくりと聞いた方が良いっていうけど、
色々聞いても答えてくれないしなぁ・・・

気になるので、色々聞いてみると
今度はますます話さなくなるという、
悪循環になっていたのかもしれません。

じっくり聞くってどういうこと?

なんて考えていました。

話の聞き方を知る

ある日、
わたしはカウンセラーの講座で、
話の聞き方についた教えていただきました。

癒しの先生
傾聴をご存知ですか?
傾聴について、
聞いたことはあるのですが、
心から聴くことなんてよく言いますが、
良く理解できないんです。
癒しの先生
傾聴とは、耳で聴くだけではなく、
相手の言いたいことや伝えたいこと、気持ちを聴くことですよ。
少しわかってきたかもしれない。
癒しの先生
ここで傾聴のワークをしてみましょう。
相手の話に関心を持って聴いてみてください。
聴く姿勢を取って、しっかり目を見て聴く、良いことも悪いことも全て受け入れる、
受け止める、聞いているんだよと相手に伝える気持ちで聴いてみてください。

ワークをしてみると、
わたしの話に関心を持って聴いてもらうと、
とても話しやすく、もっと話したいと思えたりします。

これは分かりやすい!話ってこんなふうに聴くといいんだ!

話の聴き方を初めて理解できたように感じました。

癒しの先生
もし、子どもが親の話を聴いてくれない、
子どもが自分の話をしてくれないというようなことがあれば、
子どもにもこのようにお話を聴いてみると、変わってきますよ。
そうか!子どもにも傾聴するんですね。
癒しの先生
子どもが話し始めたら傾聴してあげて下さいね。
忙しくて、今は話が聴けない時には、
優しく、今は聴けないから、また、あとでねと伝えてください。
そして、あとからたっぷりと愛情をかけてあげてくださいね。

話をじっくり聴くということが、
どういうことなのかはじめて分かったように感じました。

早速、癒しの先生から学んだことを私は試してみました。

子供の話を傾聴してみる

息子
ぼく、庭に池をつくりたいんだよね。
(池⁈そんなのやめてって言いそうな気持ちを抑えて)

池⁈面白いね。なんで池を作りたいの⁈

息子
池があったら、カエルが来て、カエルを飼えるからだよ。
カエルを飼いたいの⁈
息子
カエルを飼って、カエルがたまごを産んで、おたまじゃくしになるのを観察したいんだよねー。

息子の楽しい話を聴いて、
心が和みました。

もしかしたら、
息子が話始めた時に、私が否定をしていたら
息子はいじけたりして、
ここまで話をしてくれなかったのかもしれません。

他にもこんな話をしてくれました。

息子
僕、空を飛ぶのが夢なんだー。
空飛ぶのが夢なのー?飛行機に乗るんじゃなくて?
息子
飛行機じゃないよ。僕が飛ぶの。
そうかぁ。どうやったら飛べると思う⁈
息子
僕につけられる羽を作ればいいかな。
羽を付けるんだね。いつか作れたらいいね。

そういえば、息子はよく腕を翼のようにして
走ったりすることがあるんですが、
翼をイメージしていたのかもしれません。

そんな息子の行動の意味も分かったりして、
嬉しく感じました。

子どもは、大人が想像しないようなことを
考えていたりするんですね。

その創造力は、大事だったりするのかもしれません。

傾聴することで起こる嬉しい効果

傾聴を続けてみると、
息子は楽しそうに話しをしてくれるように変化してきました。

息子が最近学校で楽しんでいることや、
仲のいい友達のこと、
先生に注意されたことなども
話してくれるようになってきたり、

日常のこと以外にも、
今考えていることや、
してみたいことなど、

いろんな気持ちも話してくれるように
変わってきています。

そして、

傾聴することで、
子どもを認めてあげたり、
同じ気持ちを共有できたりして、

気持ちをわかってもらえているんだなという
安心感を子供が抱いたり、
愛されているんだなと
子どもが愛情を受け取ってくれたりします。

子どもにはたくさんの愛情が必要と聞いたりしますが、
親からの愛情を受け取って
自己肯定感も上がるのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

カウンセラー講座の癒しの先生から教えていただいた
『傾聴』と『傾聴の効果』についてお話してきました。

じっくり話を聞くことが良くわからずにいた時は、
息子もあまり話してくれないこともあったりしましたが、

傾聴を知って、少しずつコツが分かってきて、
息子の様子も変わってきたように感じています。

そうはいっても、
忙しいときはじっくり話を聴けなかったりしますが、
あとからたっぷり愛情をかけて、

学んだことを実践しながら、
子どもの自己肯定感があがっていったらいいなと
感じています。

何かの参考にしていただけたら幸いです。

合わせて読みたい記事は こちら